初心者がするべきこと

ロードバイクでおでかけ

初心者がロードバイクに乗るために

友人に勧められて、ダイエットのため、流行っているからなどの理由でロードバイクを始めてみようと考えている方が増えているのではないでしょうか。
しかしどんなものを選べばよいか分からないという方がほとんどかと思います。
できれば専門店で購入していただきたいのですが、最近は大型のスポーツ店でもロードバイクの取り扱いが増えており専門の知識を持ったスタッフもいて、専門店はちょっと行きにくいという方でも購入しやすくなりました。
ではどんなものを選べばよいかですが、初心者の方はできるだけゆったり乗れるよう「太めのタイヤ」「ハンドルの位置が高め」のものを選ぶと体に負担が掛かりにくくなります。
またロードバイクにはフレームのサイズが幾つか用意されており、それぞれの体格に合ったフレームを選ぶことが重要になるので、通信販売では購入せずに必ずお店でスタッフに相談しながら選ぶようにして下さい。
最後に初心者の方でも最低限「パンク修理」や「チューブ交換」「ブレーキの調整」は覚えておいていただきたいです。

ロードバイク初心者がまずすべきこと

ロードバイクの初心者がこれから乗りこなしていくために重要なのが正確なフィッティングです。
フィッティングとは、サイズを選び、ペダルやサドル、ハンドルなどを調整してポジショニングを決定することになります。
一般的には購入したお店の人と相談しながら行いますが、購入後、レベルやコースに合わせて自分で調整することもあるので、きちんとした知識を持っておくことが大切です。
まず、最初のステップでは、サイズを選んでいきます。
ロードバイクは同じモデルでも人それぞれの体型に合わせて、複数のサイズが用意されていて、メーカーが推奨する適正身長を参考に選ぶのが基本です。
しかし、実際にまたがって確かめてから決めるようにするのがいいとされています。
次に、ビンディングペダルのクリート位置、サドルの高さや前後位置、最後にハンドルまでの距離と高さ、角度を調整してフィッティングは完了です。
極端に自分の体に合わないフレームでは細部に不具合が出てしまいますので、最初の段階で適正サイズをみつけておきます。
基本フォームを筆頭にライディングテクニックの多くはこのフィッティングに左右されますので、まずはこれをマスターすることが重要です。

Favorite


Last update:2021/7/1

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』
最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>